京つう

  キレイ/健康  |  中京区

新規登録ログインヘルプ



2013年02月24日

岡山へママチャリ旅

お久しぶりです。瀬田です。

大学院の修士論文発表も終わり、学生最後の春休みを堪能しようと考えております。

学生最後ということで、何かバカなことをしようと考え、京都から地元岡山へ

ママチャリで帰ろうと思い立ち、次の日の朝、天候は大雪ではありましたが、

財布と携帯を持って岡山へ向けて走りました。

ひたすら2号線を突っ走り、枚方らへんでおしりが痛くなり始め、やっぱやめようかと

思いましたが、ここで引き返しては今後の人生も諦めてばかりなるのではないかと思い、

走り続けました。初日はせめて神戸までは行こうと目標を立て、ひたすらチャリこぎました。

自転車の旅はいいものです。車や電車とは違い、その街の雰囲気を肌で感じることが出来ます。

その街ごとに、独特の雰囲気があり、それぞれの街で育った人がいる。自分の地元がこの街であったら

どうなんだろうなあ、おもしろい店があるなあ、いい景色だなあ、などと考えながら、

ゆっくり流れ行く街並みを楽しみました。

あたりもすっかり暗くなり、とりあえずの目標であった神戸に到着しました。

クアハウスという温泉宿に泊まり、温泉で一日の疲れをとりました。

次の日の朝、今日は姫路まではいきたいなあ、そう考えて再びチャリをこぎました。

2日目の朝は快晴。明石にさしかかり、海沿いを走るのは最高に気持ちがよかったです。

あまりにも気持ちがいいものだったため、明石海峡大橋のそばでチャリをとめて、

昼寝をしてしまいました。…いかん、だらだらしていたら目標である姫路につかねーと思い、重い腰を

あげて、再び走り出しました。

加古川らへんまできて、自転車の防犯登録チェックで警察に捕まりました。

警察から、この自転車京都のだよね?と聞かれたので、そうですと答えると、

驚いた顔して、どこにいくの?と聞かれたものだから、岡山へ向かっていますと答えると、

完全に不審者を見る目で見られてしまいました。まあ、無理はないわな…。

なんやかんやありましたが、予定よりだいぶ早く姫路に到着しました。なので、出来る限り

岡山に近づこうと、たつの市までいき、ネカフェで2泊目を過ごしました。あまりに寝れないネカフェ

だったので、次の日の朝の6時には出発しました。よし、今日は日が暮れるまでに家に帰るぞ!そう決心し

チャリをこぎました。こいだ瞬間感じたこと…、かなりの筋肉痛!昨日は何も感じなかったのに、

3日目で筋肉痛?筋肉痛がくるのがおそい!これは…歳か!十代のころは次の日の朝には筋肉痛が

来ていたのに、遅すぎるぞ!25歳はやはりアラサーというわけか!

だけど、そんなもん関係ねー、そう自分に言い聞かせて、チャリをこぎました。

しかし、道は険しいものでした。兵庫県と岡山県の境らへんて、山だらけ!道はせまい!

峠はきつい、のぼりはおりてひたすら歩くしかない。車に乗ってる人は、不思議そうな顔でこっちを見てく

る。まあ、こんな田舎の峠道をママチャリ押しながら歩いている人なんて、自分も見たことがない。

数ある峠を一つ一つ乗り越えて、やっとこさ岡山に突入しました。

生まれ育った懐かしい道を走りながら、実家に到着。

なんともいえぬ達成感でした。親があ然としていたのは、言うまでもない。